裏紫都子氏講演会 「日本人と天皇家」

2014年7月31日(木) 13時~17時

 通訳ガイドにとって、皇居、明治神宮、赤坂離宮など、天皇にちなむ話題は、避けて通れません。世界の王家において、最も古く、長く続いている天皇家を正しく理解し、説明することは、日本文化の説明の原点です。

○第1部 13時~14時50分 テーマ「天皇制度の誕生と展開~古代から中世へ~」

 聖徳太子 仏教の輸入 渡来系宗教から国家宗教へ 
  大寺は、ハイテクセンター/思想・技術の集積所/「寺子屋」の語源

・血で血を洗う政変の連続  天皇の位か死か 

・自ら戦陣に立つ天皇=天武天皇から、以後「戦わない天皇」へ

・藤原四家の繁栄と覇権争い 皇子たちは天皇になるか、殺されるか

・院政期/ 天皇は見習い期間/上皇が「治天の君」として権力を握る

・元寇により愛国心「神国思想」が生まれ、神社の系統化、新設ラッシュが起こる。

・義満の天皇家乗っ取り計画? 天皇家存続の危機

○第2部 15時5分~17時 テーマ「天皇家は、何故、今日まで続いたか。 ~ 戦国・安土桃山・江戸時代~」

・天皇家はどう室町、戦国の財政危機を切り抜けたか。

・天皇家は日本伝統文化の総元締め、保護者、伝承者である。

・戦国末期になるほど、諸国大名への官位授与は乱発され、天皇への求心化が進む。

・江戸時代/天皇は日本国の「王」であるという意識を持ち続ける。」しかし、即位も譲位もすべて幕府次第

・御所の禄高/1600年 一万石 /1623年 二万石/1705年 三万石)

・即位礼、御所造営など臨時の経費はすべて幕府持ち

・天皇は大教養人、学者でなくてはならない

◆ 講師:裏紫都子氏

エッセイスト、高齢者大学講師、元東大寺学園等の古典の教師

 このたび、関西から名講師を招聘しました。2013年6月の高野山研修で、関東・関西にファンがたくさんできました。豊富な知識・ユーモア・論理的な思考・人を引きつける巧みな話術・チャーミングなお人柄!で、今回も聴衆を魅了するはずです

 

◆受講料・会場

第1部 IJCEE会員2,000円  一般2,500円 

第2部 IJCEE会員2,000円  一般2,500円 

第1部と第2部 IJCEE会員3,400円  一般4,700円

◆日本文化体験交流塾本部・小石川交流塾

日本人と天皇家
¥2,000
カートに追加
  • 在庫切れ

新事務所について

IJCEEは4月22日より、機械振興会館に事務所を移転致しました。

アクセス・詳細はこちら

大阪事務所について

IJCEE関西支部では、5月15日より大阪市北堀江の四ツ橋・心斎橋駅そばで営業を開始しました。

アクセス・詳細はこちら

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

研修/講座の風景

外国語による日本文化体験・観光ガイド

True Japan School

ガイド/日本文化研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-6432-0192(本部)

        06-6575-9441(関西)

 FAX:03-6432-0042
◆月曜日~金曜日 9:00~17:00

土曜日に研修が開催される場合はこの限りではありません。

アクセス