米原理事長による通訳案内士の為の宗教講座(全4回)

第1回 1月23日(土) 9:30~11:30「奈良仏教とキリスト教」内容紹介

本講義をお話しする主要な6章の構成ができましたので、お知らせします。

 

1章 紀元前 500年~600年頃

 ・仏教、儒教、ユダヤ教、ゾロアスター教、という4大宗教のファクターが出そろった。

・釈迦と孔子は、同世代人

 

2章 0300年代頃

 ・中国は、インドから仏教をという外来の宗教を受け入れた。

・ローマは、イスラエルからキリスト教という外来の宗教を受け入れた。

・キリスト教は、ローマ帝国の国教となり、帝国は東西に分裂した

 

3章 世界3大宗教は、ほぼ同時に確立(500年代) した

・カソリックの信仰がフランク王国(西ヨーロッパ)で確立

・玄奘が経典を持ち帰り、中国の仏教が確立

・イスラム教が確立

・聖徳太子と仏教

 

4章 中国から渡来した仏教の受入れ方式のなかに、日本の社会の本質を見る

・法隆寺、薬師寺、東大寺各60年の違い

・鑑真は、どのようにして、日本に来たのか?

・菩薩戒と具足戒 受戒の意味と必要性

・遣唐使の船とコロンブスの船の大きさ比較など、航海術の検討

・善光寺と浅草寺の見ることのない秘仏、その背景に渡来氏族の謎?

 

5章 比較して語る フランスと日本 

・シルクロードの西端と東端 宗教と政治、あまりにも多くの一致

・聖武天皇VSカール大帝 後世に残したものは何か?

・東大寺大仏とアーヘンの帝冠 世界遺産比べ

 

6章 多神教の世界

・ギリシア・ローマ神話

・中国の道教

 

・日本の原始的な信仰

何故、今、宗教を学ぶのか

  通訳案内士ならば誰もが知っている「テンプルズ・アウト」、「シュラインズ・アウト」という言葉がある。観光地としての寺院はもう十分。神社には、もう行きたくない。という訪日外国人の言葉である。

 しかし、もし同じコースを他の通訳案内士がガイドして、外国人観光客が興味を維持したら、それは、通訳案内士のガイド力の差にあると考えるべきである。アウトなのは、寺院や神社でなく、その言葉をいただいた通訳案内士自身なのである。

 日本において、特に通訳案内士がガイドする欧米からの訪問客にとつて、最大かつ、最多の観光スポットは、宗教施設である。この宗教施設を外国人の興味に合わせて説明する技術を身につけなければ、通訳案内士のトップガイドへの道は存在しない。

 しかし、宗教に関する勉強は、以下の3点により、極めて難しい。

 

第1に、多くの日本人は、学校教育において、宗教についての勉強をしていない。しかも、マスコミや親など、ほとんどの日本人は、本来の宗教を理解していない。例えば、「○○不動では、12月の年内の初詣を進めています。今、行けば、ご利益が得られます」とは、数日前のNHKのアナウンサーの発言です。人間の煩悩を憤怒の表情でいさめる不動明王が、ご利益のための神様になっている。

 

第2に、宗教に詳しい識者や特定の宗教組織の一員であり、共通した見解がわからない。例えば、「地蔵菩薩」、「観音菩薩」などの言葉も、諸説ありすぎてわからない。

 

第3に、ほとんどが日本人向けの説明のため、外国人に説明するという比較文化の発想が乏しい。ユダヤ教、東西のキリスト教、イスラム教との比較ができない。

 

 昨年、日光事前研修として、通訳案内士目線での宗教講座を実施した。今年は、それをさらに発展させて4回シリーズとして、本講座を開催することとする。基本的な講座なので、経験の浅い方向けが中心となるが、ベテランガイドが自らの知識を整理する際に、活用していただければ幸いである。

                                理事長 米原亮三

第2回 1月30日(土)9:30~11:30「密教の世界 空海VS最澄」

◎主要な内容

・空海VS最澄  公卿の仏教VS宮家の仏教

・天台宗の4つの基本 戒、円、密、禅

・密教とは何か 祈祷

・高野山と四国88か所の霊場

・大日如来、不動明王、観音菩薩、地蔵菩薩

・天台宗 円仁、円珍、天海

 

第3回 2月20日(土)9:30~11:30「禅宗 道元VS栄西」

◎主要な内容

・鈴木大拙氏、「禅と日本文化」

・建長寺、円覚寺と無学祖元と蘭渓道隆

・西芳寺と夢窓疎石

・日明貿易と禅宗

・五山制度と大徳寺、妙心寺

・一休さん、白隠禅師と公案 

第4回 2月27日(土)9:30~11:30                     「民衆のための仏教 浄土宗、浄土真宗、日蓮宗」

◎主な内容

・平民の仏教 浄土宗、浄土真宗

・江戸時代の宗教の特徴

 葬式仏教、本末制度、檀家制度

・神道 儒教 道教 お盆 彼岸

・山岳信仰

・稲荷信仰と各地の祭り

・廃仏毀釈 

スケジュールとテーマ

2021年1月23日~2月27日 9時30分~11時30分

月日 テーマ
第1回  1月23日(土)

 奈良仏教とキリスト教 聖武天皇VSカール大帝

第2回  1月30日(土)

 密教の世界 空海VS最澄

第3回  2月20日(土)  禅宗 道元VS栄西
第4回  2月27日(土)  民衆のための仏教 浄土宗、浄土真宗、山岳信仰等

受講料・定員

【通学・Zoom・録画】

・受講料

会員 各2,800円

非会員 3,500円

フレンドシップ団体 各3,100円(お申し込みの際、所属の団体名をメモ欄にご記入ください)

・定員

通学 32名

Zoom 100名

会場

◆通学:機械振興会館

〒105-0011
東京都港区芝公園3-5-8

機械振興会館 本館B109

(※東京タワーの真向かいになります)

電話番号:03-6432-0192

◆Zoom

Zoomリンクは、前日の19時頃送信予定


講師紹介 米原亮三

NPO日本文化体験交流塾理事長。True Japan Tour 株式会社代表取締役社長

観光庁「通訳案内士研修高度化に関する検討会」委員、「新たな通訳案内士制度のあり方に関する検討会」委員、「劇場・音楽堂等の情報バリアフリー化に向けた最適システムの構築に関する調査・検証事業」委員、江東区観光協会設立検討会委員。等

・全国の観光まちづくりの調査・講演等や宗教解説、文化解説等の講義実績。

・経済、政治、立法、行政、観光は、実務・学会ともに精通している。

・日本百名山のうち99山登頂、全都道府県を訪問するなど、地理・地学・気象に詳しい。

著書・論文:「ネットワーク時代の地球市民の生き方」(中央経済社)、「東京都 多様性に満ちた市民社会」 (駒井洋、渡戸一郎編「自治体の外国人政策」明石書店所収)、米国コネチカット州グリニッチ・タウンの地方自治」(都市問題86巻87巻1号)、「大都市における観光まちづくりの理論的な考察」(日本国際観光学会論文Vol.14)、「観光キーワード事典」(松陰大学観光文化研究センター編)、「国際観光ガイドの基礎知識」編著、「口述試験ハンドブック」続 通訳案内士口述試験 予想問題と攻略法」、「通訳案内士口述試験 予想問題と攻略法(2013年)」「通訳案内士口述試験 予想問題と攻略法(2014年)」「通訳案内士口述試験 予想問題と攻略法(2015年)」Japanese Culture Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ(以上、NPO日本文化体験交流塾)、

お申し込み方法・受講カート

下のカートにて受講券をお求めください。ページ上部にカートの内容が掲載されますので手続を進めてください。決済は、Paypalまたは銀行振込をお選びいただけます。銀行振込先口座情報は、お申し込み直後に自動送信される注文完了メールに記載しております。

 

※Paypalでのお支払い時に不具合が発生しましたら、こちらのPaypal問合せページ、または0120-271-888までご連絡をお願い致します。

 

長期継続会員の給付制度を利用してお申し込みされる方は、最下部の【長期優待】カートにて通学またはZOOM、ご希望のチケットをご選択の上、お申し込みください。

注文完了メール確認のお願い

ウェブ上でお申込みが完了しましたら、注文完了メールが必ず届きます。注文完了メールは受講完了日まで大切に保管してください。メールが届いていない場合は、お申込みが適正に完了できていない可能性がございますので、事務局(info@ijcee.com)までメールでご連絡ください。

受講カート(お申し込み)

フレンドシップ団体価格でお求めの方は、団体名をメモ欄にご記入ください。

会員価格でお求めの方は、2021年年会費のご納入を併せてお願い致します。

【通学】通訳案内士の為の宗教講座
¥2,800
カートに追加
【Zoom】通訳案内士の為の宗教講座
¥2,800
カートに追加
【録画配信】通訳案内士の為の宗教講座

収録日より、5営業日以降に配信を開始します

¥2,800
カートに追加
【長期優待】通訳案内士の為の宗教講座

※2021年の長期継続優待適用となります。2021年年会費のご納入を併せてお願い致します。

¥0
カートに追加

【SNSリンク情報】

Facebook→https://www.facebook.com/NPOIJCEE

Twitter→https://twitter.com/NPO10469085

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

 グループFacebook


IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ

<関東>

TEL: 03-6432-0192

FAX: 03-6432-0042

Email: info@ijcee.com

 ◆関東本部 アクセス

受付時間:

火曜日~金曜日 10:00~17:00

※日月祝に研修が開催される場合はこの限りではありません。

 

 <関西>

Email: kansai@ijcee.com

 受付時間:

火曜日~土曜日 8:00~17:00

※日月祝に研修が開催される場合はこの限りではありません。

Paypal決済時の不具合について

Paypalでのクレジットカード決済中に発生した不具合についてはPaypalにご連絡下さい。

詳細はこちらです。