通訳案内研修(登録研修機関研修)

 NPO日本文化体験交流塾では、全国通訳案内士の皆様が5年に1度ずつ受講しなければならない登録研修機関による通訳案内研修を実施します。

IJCEEだからできる3つの特徴

第1 「通訳案内の実務」を超えた実践的な内容です

 2018年~2020年に実施した法定研修である「通訳案内の実務」と同じでは物足りない。前テキストを主体的に担ったIJCEEだからこそ、これを超えた、まさに通訳案内士が本当に知りたいことを教えます。

 

第2 最新情報です

 旅程管理や災害の発生は、常に最新の情報に対応する必要があります。新型コロナウイルス感染症に関する対応策だけでも、政府から1年間で10回を超える通知・通達が発せられています。地震・台風・津波など、日本を取り巻く状況は、絶えず変化し、こうした状況を踏まえた講義が不可欠です。もちろん、IJCEEの講師だから、これができます。

 

第3 完全座学で実施します

 この分野では、日本を代表する講師がリアルで講義します。旅程管理に、大事なのは、様々な疑問に答えることです。経験豊かで、どんな質問でも答えられるリアルな講師だから、受講者の質問に答えられます。

受講対象者

(1) 改正通訳案内士法の施行日である2018年1月4日よりも前に登録されている方は、2023年1月3日までに受講が必要となります。
(2) 改正通訳案内士法施行後に登録された方は登録日から5年を超えない期間までに1度目の受講が必要となります。
(3) 1度受講された方は、受講日から5年以内に2度目の受講が必要になります。(観光庁)

上記規定にかかわらず、受講されなかった人は、以下の通訳案内士法第25条の規定により、通訳案内士の資格を喪失する可能性があります。

よくある質問

→質問の詳細はこちらを参照

登録研修機関研修Q&A.pdf
PDFファイル 108.5 KB

◆通訳案内士法

(登録の取消し等)
第二十五条 都道府県知事は、全国通訳案内士が次の各号のいずれかに該当する場合には、その登録を取り消さなければならない。
 一 第四条各号のいずれかに該当するに至つたとき。
 二 偽りその他不正の手段により全国通訳案内士の登録を受けたことが判明したとき。
2 都道府県知事は、全国通訳案内士が第二十一条第一項に規定する国土交通省令で定める者に該当するに至つた場合には、その登録を取り消すことができる。
3 都道府県知事は、全国通訳案内士が第二十九条第一項若しくは第二項、第三十条第一項、第三十一条又は第三十二条の規定に違反した場合には、その登録を取り消し、又は期間を定めて全国通訳案内士の名称の使用の停止を命ずることができる。

講義内容・スケジュール

時間 科目 内容
10:00~11:00 法定研修① 旅程の管理等に関する基礎的な科目
11:10~12:10 法定研修② 災害の発生時における適切な対応等危機管理に関する科目
12:20~12:40 修了試験 研修内容の理解度を図るための効果測定
12:50~13:20 結果発表と修了式 修了証書の授与

※時間は予定です。

法定研修①「旅程の管理等に関する基礎的な科目」 ・法令や通訳案内士を取り巻く環境の変化を捉え、的確に情報提供する。2020年5月22日の観光庁研修テキスト改訂に基づいて実施。
・例えば、旅程管理主任者において安全管理義務が定められているが、その運用においては判例を踏まえて実施している。最先端の判例事情を踏まえるなど、通訳案内士に真に役立つ情報を提供する。
 法定研修②「災害の発生時における適切な対応等危機管理に関する科目」  ・法令や通訳案内士を取り巻く環境の変化を捉え、的確に情報提供する。
・例えば、今年度は新型コロナウイルス感染症に伴う、観光庁などの防止策を踏まえ、現場での危機管理等に関する最新の内容を提供する。

日時・研修料

IJCEEの通訳案内研修(登録研修機関研修)は、全て会場での対面式座学により実施します。

新型コロナウイルス感染症の対策の為に、定員36名での実施です。

2021年実施予定

第1回 4月15日(木) 10時~13時20分

第2回 5月11日(火) 10時~13時20分

以降、随時開講予定

5月27日(木) 10時~13時20分

6月8日(火) 10時~13時20分

6月24日(木) 10時~13時20分

研修料

法定研修:3,000円(税込 3,300円)

※通訳案内士以外の方も受講出来ます。ただし、修了試験は受験出来ません。


講師

服部豊氏

全国通訳案内士(英語)、旅程管理主任者(国内・総合)、旅行業務取扱管理者(国内・総合)
2009年まで(株)JALパックで約30年勤務。海外添乗員・海外支店・本社人事・販売・CS推進等に従事。
その後、日本旅行業協会(JATA)法務室、同消費者相談室責任者としての勤務を終え、 現在は大手上場旅行会社、全国旅行業協会、日本添乗サービス協会、True Japan School 等で、昨今の法改正で5年に1度の受講が義務化された「旅行業務取扱管理者定期研修」及び「通訳案内研修」その他「旅程管理研修」等の研修業務に従事している。
(株)ユーキャンの本試験対策講座の指導も務めていた。 中央大学法学部卒。静岡県出身。趣味は大学野球観戦やスキー。上海在勤中は上海国際マラソンにも毎年出場した。

山口和加子氏

新日本通訳案内士協会会長
NPO日本文化体験交流塾副理事長、全国通訳案内士(英語)
2018年観光庁研修「通訳案内の実務」講師
東京都内定期観光(はとバス) 英語ガイドの第一人者。新潟県、熊本県、山梨県等講演依頼も多い。
FIT、VIP、MICE等の通訳ガイド経験豊富で、異文化理解や接遇の指導には、定評がある。
また、外務省から派遣され、サウジアラビアやトルコなど 中東諸国において、英語による茶道や書道など日本文化の普及に努め、高い評価を得た。
茶道宗偏流、裏千家、現在、IJCEE国際茶道塾・塾長。毎日書道展11 年連続入選。温故流花道師範(花名:温故斎登加)。短歌「ポトナム」同人。
<主な著著>
共著「通訳案内士ハンドブック」「口述試験ハンドブック」 「国際観光ガイドの基礎知識」等

お申し込みの方法

<PCからのお申し込み>

① 右の受講願書(Word)に記入し、info@ijcee.comまで添付してお送りください。

② 全国通訳案内士登録証および身分証明証(運転免許証、パスポート等、顔写真と氏名・住所・生年月日が分かる物)をスキャンまたは写真で撮影し、以下受信BOXよりお送りください。

→受信BOXはこちらから

③ 以下の「研修料お支払いカート」より、研修料をお支払いください。

【特定非営利活動法人日本文化体験交流塾】通訳案内研修 受講願書_210209.d
Microsoft Word 37.0 KB

<FAXでのお申し込み>

① 右の申し込み様式(PDF)をプリントアウトして、必要事項をご記入ください。

② 記入済みの受講願書と、全国通訳案内士登録証および身分証明証(運転免許証、パスポート等、顔写真と氏名・住所・生年月日が分かる物)を以下までFAXしてください。

→通訳案内研修事務局FAX:03-6432-0042

③ 以下の「研修料お支払いカート」より、研修料をお支払いください。

 

【特定非営利活動法人日本文化体験交流塾】通訳案内研修 受講願書_210209.p
PDFファイル 178.9 KB

③研修料お支払いカート

通訳案内研修 法定研修
¥3,300
カートに追加

新型コロナウイルス感染症対策について

・広めの教室で各座席の間を十分に取ることにより、感染症対策に努める。
・講師席にアクリル板を設置し、飛沫飛散防止に留意する。また、講師が立って喋る場合はフェイスガードをする。
・当日朝に体温チェックをし、37.5度を超える場合は受講を見合わせていただく。併せて会場入口でも検温を行い、37.5度を超える受講生の参加をご遠慮する。
・受け付け横にアルコール消毒液を用意し、必ず使用することを促す。

会場

NPO日本文化体験交流塾 機械振興会館 B208 Grand TJT

〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館 本館B109
(※東京タワーの真向かいになります)

TEL: 03-6432-0192/FAX:03-6432-0042

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

 グループFacebook


IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ

<関東>

TEL: 03-6432-0192

FAX: 03-6432-0042

Email: info@ijcee.com

 ◆関東本部 アクセス

 <関西>

Email: kansai@ijcee.com

 受付時間:

火曜日~土曜日 8:00~17:00

※日月祝に研修が開催される場合はこの限りではありません。

Paypal決済時の不具合について

Paypalでのクレジットカード決済中に発生した不具合についてはPaypalにご連絡下さい。

詳細はこちらです。