英語教育の大家、石井隆之教授による10回講座シリーズ

「日本の宗教の知識を深めるシリーズ」

 石井隆之教授の講演会「日本の宗教の知識を深めるシリーズ」を関東でも実施する事になりました。石井教授には、実際のガイドに役立つ実践的な講義を奥深く、分かりやすく、面白く、有益な英語表現も交えて講義して頂きます。

 

レクチャーの抜粋★鳥居は神明(しんめい)鳥居と明神(みょうじん)鳥居に大別できます。「明神」は「神明」を逆にした言葉ですね。さて、神明鳥居はsymmetry(対称性)と聞こえますが、鳥居はまさに対称的な形をしています。ところで、この2つの鳥居の違いは何でしょうか。実は、シンプルで反りがないのが神明鳥居、反りが特徴的なのは明神鳥居です。鳥居の構造の英文説明と合わせて、この2つの鳥居の違いは英語でどう説明できるのでしょうか?

石井隆之教授の横顔

 筑波大学大学院修了。近畿大学総合社会学部教授。一般社団法人高等教育国際基準協会代表理事。言語文化学会会長、通訳ガイド研究会会長。理論言語学が専門。

 在学中に通訳案内士の資格を習得。TOEIC,英文法、日本文化等の著書は100冊を超え、ガイド目線からの英語での日本文化解説は他の通訳案内士の追随を許さない。英語指導界の第一人者で、その人柄やの日本文化の造詣の深さ・知識も、また受講者を魅了してやまない。

石井隆之氏からのメッセージ

 私の趣味は、2つの「文」――すなわち「文法」(language)と「文化」(culture)を<学び、問うこと>です。文法や文化を知れば知るほど、面白く、奥深く、不思議で感動的なことがたくさんあります。常に2つの「文」を探求しているので、これが私の趣味と言えるかもしれません。

  具体的には、外国人とのコミュニケーション(language面)と寺社仏閣巡り(culture面)を楽しんでいます。人とのコミュニケーションは「縁」がキーワードで、神社やお寺の散策は自然とのハーモニーが感じられるので「緑」がキーワードです。私は、漢字では、形が似ている「縁」と「緑」が大好きです。

 所属学会は、現在会長を務めさせていただいている「言語文化学会」(Japan Association of Language and Culture [JALC])が中心です。この会は、今年(2013年)で設立20周年です。更に、学会ではないですが、「通訳ガイド研究会」という組織も会長を務めています。こちらは、昨年(2012年)設立30周年でした。どちらの会も、私が創立者です。だからこそ、これらの会の発展に、できる限り貢献したいと考えています。

(石井教授の公式HPより抜粋)

【全10回の講演タイトルと概要】

【有益な英語表現満載の講義です】

  テーマ 実施日程
第1回 神社をもっと深く知る 2017年1月21日(土)10時~12時
第2回 神道が身近になる 企画中
第3回 日本神話の基礎知識 企画中
第4回 仏教の考え方と奥深さ 企画中
第5回 仏像のおもしろ話 企画中
第6回 禅と日本文化 企画中
第7回 密教―最澄と空海 企画中
第8回 儒教と日本社会論 企画中
第9回 キリスト教と仏教・神道・儒教を比較する 企画中
第10回 日本人と日本宗教史 企画中

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

外国語による日本文化体験・観光ガイド

True Japan School

国内旅程管理研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-3868-3260(本部)

        080-5646-1100(関西)

 FAX:03-3830-0452
◆火曜日~土曜日 9:00~17:00

月曜日が祝日の場合は、

翌日火曜日がお休みとなります。

アクセス