外国人のための 寿司講師養成ブログラムについて

 世界で「日本の食」への関心が高まっています。外国人訪問客の人気と興味の高い日本食の代表格はやはり「寿司」、’’SUSHI’’ 今や世界中で通じる共通語といってもいいでしょう。

 

 True Japan Tour (株)における、日本文化体験プログラムでも、寿司づくり体験は一番人気です。

IJCEE内の施設で行う常設型や団体型の他に、個別のリクエスト型など、よりスキルアップした寿司づくり体験講師への要請が、ますます高まっています。

日本文化体験交流塾における、寿司づくり体験講師の養成プログラムでは、段階別の講習を行い、おさらいや、プレゼンテーションの練習を入れながら、寿司講師としてご活躍いただける技術や説明力などを着実に身につけます。

※説明は日本語でも行いますので、 英語以外の言語ので方もどなたでも参加可能です。

 

(1)寿司づくり体験講師養成講習「初級」「中級」「上級」「マイスター」の概要

1)「初級」「中級」「上級」「マイスター」のレベルの概要

初級

・キッチン付きのグランルーム(機械振興会館)の施設利用や備品について学ぶ

・衛生管理の知識、手の洗い方など ・会場の設営の仕方 

・食材の用意の仕方、取り扱い

・寿司飯の用意と作り方

・寿司キットを使ったお寿司(握り、軍艦、細巻き)の作り方

・外国人向けに、各ポイントを抑えた説明の仕方

中級

・伝統的なお寿司(握り、軍艦、細巻き)の作り方

・ポイントを抑え、外国人がわかりやすい説明をする。

上級

・包丁の特徴や取り扱いは外国人への説明の仕方。

・刺身包丁の使い方を練習する。

・刺身包丁を使ってマグロの柵を切る。

・マグロの柵の取り扱いのポイントを外国人に説明する。

マイスター

・ベジタリアン、生魚NG、ハラル、アレルギーなどのイレギュラーな対応の仕方。

・盛り付けの見栄えが高まる飾り切りを学ぶ。 

・野菜寿司や華やかなロール寿司など、

・きれいな盛り付け方。

◎寿司検定

各レベルごとで検定を行い、次のステップの為に技術の習得を確認する。

 

※本研修と合わせて、ジャパニーズカルチャーを基礎知識として、受講を推奨します。

(2)各レベルの講習は2回で構成されています。

「初級」「中級」「上級」「マイスター」の各レベルごとに2回(2日間)の構成により、 学んだ知識や技術を確認し、自分の力として習得していただきます。

◎初めて受講される方は、基本的に2回受講です。

に同じレベルの研修を受講されている方でも、再受講出来ます。

  また、おさらいだけをしたい方は、第2回の講習(おさらい講習) のみの単発受講が出来ます。

 

第1回目

「知識と実技」

レベル毎の技術を学びます。

第2回目

「第1回目のおさらいと、プレゼンテーションの練習」

技術のポイントの確認や、表現力を身につけます。

 

 

 

※寿司研修のそれぞれのレベル(級)の「各回の内容」については、こちら

寿司検定・認定試験について

各レベルごとに認定試験を行います。ご自分のスキルを確認し、ステップアップを目指します。

 

「認定試験の試験項目と配点基準」、「各級の講師の認定基準と活動の場」、及び「講師の役割・謝金」については、以下のリンクを参照ください。

1.寿司講師の役割・謝金

2.寿司認定基準・活動の場

3.寿司認定試験の評価項目



【SNSリンク情報】

Facebook→https://www.facebook.com/NPOIJCEE

Twitter→https://twitter.com/NPO10469085

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

 グループFacebook


IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ

<関東>

TEL: 03-6432-0192

FAX: 03-6432-0042

Email: info@ijcee.com

 ◆関東本部 アクセス

受付時間:

火曜日~金曜日 10:00~17:00

※日月祝に研修が開催される場合はこの限りではありません。

 

 <関西>

Email: kansai@ijcee.com

 受付時間:

火曜日~土曜日 8:00~17:00

※日月祝に研修が開催される場合はこの限りではありません。

Paypal決済時の不具合について

Paypalでのクレジットカード決済中に発生した不具合についてはPaypalにご連絡下さい。

詳細はこちらです。