新型コロナウイルス感染症対策で国会議員を訪問しました

自由民主党 観光立国調査会 会長 林幹雄殿 への陳情

3月12日、自由民主党幹事長室において、林幹夫観光立国調査会長に以下の文面で、陳情しました。

 

 

1 「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金」等の各種支援策により、「通訳案内士の仕事のキャンセル等に伴う休業補償」など、個人事業者である通訳案内士を対象に含めた支援の拡充を図ること。

 

 

 

2 全国通訳案内士に対する救済を実施すること。

 

 国際観光旅客税は国際観光のための目的税であり、令和2年の観光庁案では、520億が計上されており、本財源の活用等により、以下のような通訳案内士を活用した地域や事業者等への支援を実施すること。

 

観光庁の調査によれば、外国人が訪日中困ったこととして、「(宿泊施設交通事業者等の)施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない」ことが第一位にあげられます。DMOへの補助事業等を活用し、通訳案内士の語学力や経験を活用し、通訳案内士の雇用の場を拡大してほしい。

 

① 宿泊施設や飲食店、交通機関等施設の従業員の語学教育

 

② 飲食店の多言語のメニューの作成

 

③ 宿泊施設・観光施設の利用ガイドの翻訳

 

④ 美術館、博物館等文化施設・観光施設の外国人受け入れサービスの改善等

 

⑤ SNSにおける外国語による情報発信

 

3 新型コロナウイルスによるウイルス感染症への当面の戦いを助走期間と位置づけて、将来の反転攻勢のためにインバウンドを担う全国通訳案内士という職業をより魅力的にするため、以下を実現してほしい

 

① 現在は、全国通訳案内士のみを業として生計を立てることが難しい現状がある。今後、若い世代が全国通訳案内士を職業として選択できるように就業環境を整備すること。

 

② 全国通訳案内士が重要な役割を果たしていることに鑑み、その収入を含めた活動実態を定期的に調査すること。

 

③ 全国通訳案内士への支援策を実施することを目的に、旅行業界や日本政府観光局などと連携して、協議するための組織を構築すること。

 

④ 各地域の全国通訳案内士が中央政府との連携をとることができるよう、全国的なネットワークの構築を支援すること。

 

⑤ インバウンドの最前線で活動している全国通訳案内士制度を内外に広くアピールしていくための広報活動を強化すること。

 

岡本みつなり衆議院議員を訪問

令和2年3月12日、国土交通委員会の理事である公明党衆議院議員、岡本みつなり議員を訪問し、別紙のような要望を行いました。

 岡本議員は、公明党の国土交通部会長、国際局長宣伝局長であり、公明党を代表する国際派です。

 私たちの請願の趣旨を前向きにとらえてくださり、積極的な支援を約束してくれました。その後、国土交通大臣を紹介してくださいました。

 参考までに、略歴を紹介します。

1965年 5月5日生まれ
1988年 英国グラスゴー大学留学
1998年 米国ケロッグ経営大学院修了
経営学修士号(MBA)取得
1998年 ゴールドマン・サックス証券勤務
2005年 同社 執行役員
2012年 衆議院議員に初当選
2017年 外務大臣政務官(~2018年10月)

稲田朋美衆議院議員

令和2年3月19日、自由民主党幹事長代行である衆議院議員、稲田朋美議員を訪問し、別紙のような要望を行いました。

 自民党幹事長代行の稲田議員は、安倍総理も「さらに常識にとらわれない方法で支援を」と言っている。この政策に皆さんからのご要望を盛り込めるように、林幹事長代理と二階幹事長と連携を取って必要な対策をしっかりとやっていきたいとのコメントをいただき、私たちの業界についても個人事業主なのか、女性が多いのか、合格率はなど具体的な質問をありました。想像以上に好感度の高い方でした。

 

高瀬裕美参議院議員

令和2年3月19日、公明党参議院議員、高瀬ひろみ議員を訪問し、要望を行いました。

高瀬議員は九州通訳・翻訳者・ガイド協会会長のの水谷みずほさんの団体の顧問でいらっしゃることから私たちの状況はとてもよくご存じでした。

 すでに予算委員会でも、通訳案内士の問題ついて、発言しています。2年前の法改正の時から応援してきている。ガイド試験も外務省で通訳官だったときに受験したこともあるので、試験の難しさも理解しているとのことでした。通訳ガイドの所得補償についての問題点、たとえば副業で翻訳などもしている人はガイドの収入をどう見分けるのかなど考えておく方がいいとの提案もいただきました。まさにガイドの味方の議員さんです。

 

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

 グループFacebook


IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ

<関東>

TEL: 03-6432-0192

FAX: 03-6432-0042

Email: info@ijcee.com

 ◆関東本部 アクセス

 <関西>

TEL: 06-6575-9441

FAX: 06-6575-9443

Email: kansai@ijcee.com

◆関西支部 アクセス

 

受付時間:

月曜日~金曜日 8:00~17:00

※土日祝に研修が開催される場合はこの限りではありません。

Paypal決済時の不具合について

Paypalでのクレジットカード決済中に発生した不具合についてはPaypalにご連絡下さい。

詳細はこちらです。