公開模試における合格点と試験範囲

科目

出題範囲

認定基準点/満点

 英語

 全国通訳案内試験に準ずる

上記に加え記述式(英作文)の問題を加える(2010年代前期の試験スタイルの復活)

 100点/150

日本地理

全国通訳案内試験に準ずる

訪日旅行客の関心の高い観光地に重点を置く

 60点/100

日本歴史

全国通訳案内試験に準ずる

建築・美術など文化史に重点を置く

60点/100 

一般常識

全国通訳案内試験に準ずる

特に、日本文化に重点を置く(2010年代前期の試験スタイルの復帰)

日本文化に関する講義(本試験範囲)を実施します。

45点/75 

通訳案内の実務

全国通訳案内試験に準ずる

30点/50 

特別研修「日本文化に関する講義」

一般常識で日本文化から出題する理由

通訳案内士試験で最も出題予想が難しい科目は、一般常識である。かつては、一定のルールがあったが、ここ8年位は、観光白書以外の出題について、全く予想がつかない状況である。

したがって、公開模試においても、出題のすべがない。

そこで、10年以上前に、定番であった日本文化に着目して、出題する。日本文化の出題範囲は、以下のとおりである。

日本文化の講義事例

参考文献

【SNSリンク情報】

Facebook

https://www.facebook.com/NPOIJCEE

X(旧Twitter)

https://twitter.com/NPO10469085

 グループFacebook


IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ

<関東>

TEL: 03-6432-0192

FAX: 03-6432-0042

Email: info@ijcee.com

 ◆関東本部 アクセス

受付時間:

火曜日~金曜日 10:00~17:00

※土日月祝に研修が開催される場合はこの限りではありません。

Paypal決済時の不具合について

Paypalでのクレジットカード決済中に発生した不具合についてはPaypalにご連絡下さい。

詳細はこちらです。

IJCEEグループ組織・事業のご案内_210108.pdf
PDFファイル 2.0 MB