外国語の話せるガイドの活用例

業 務

内    容

日帰りのガイドツアー

コスト的に都心部からガイド派遣が難しい場合や、地元ガイド自体が不足しているケースが多い。特に旅程管理能力は必須。

登竜門かつ需要の高いガイドツアー

専門研修の受講は必須。特にハイシーズンにおいて人材が不足する為、就業機会が多い。

体験講師

各体験に関する専門研修を受けることで、外国人文化体験の体験講師が出来る。

空港・ホテル送迎

空港やホテルでお客様とミートして、目的地まで送り届ける業務。

ツアー開始前のホテル送り出し

ツアーで複数組が別の宿泊施設に泊まっている場合にホテルに出向き、集合場所までのタクシー乗せ込みを行う。

言語サポート

イベントや受け付け等、通訳案内士や通訳者を雇うほどでは無いが言語対応が必要なシーンでの人材として。

クルーズガイド

遠隔地におけるガイド

混乗ツアー

日本人と外国人の混乗ツアー

 

若手ガイドの活用

大学生などの若者のガイドデビュー

渋谷・秋葉原など、若者文化に精通した者がガイドする

4回の認定試験で短期の育成

外国人ガイド

日本語で受験

本国での高校卒業と日本語検定2級で受験資格あり

主に、外国人留学生を対象とするが、日本文化に対する理解力や旅程管理試験合格を前提により、安心できるガイドとして、活用する。

教育旅行

海外からの高校生などのツアー

教師が同行する場合、外国語の話せる添乗員が必要

特に、若いガイドは、共感を得る

ホテル等の受付

外国語の話せる添乗員の3級以降では、歴史・地理・一般常識の枠を外して実施する。

 外国人に日本文化を説明する知識を付与する。

 

【SNSリンク情報】

Facebook

https://www.facebook.com/NPOIJCEE

X(旧Twitter)

https://twitter.com/NPO10469085

 グループFacebook


IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ

<関東>

TEL: 03-6432-0192

FAX: 03-6432-0042

Email: info@ijcee.com

 ◆関東本部 アクセス

受付時間:

火曜日~金曜日 10:00~17:00

※土日月祝に研修が開催される場合はこの限りではありません。

Paypal決済時の不具合について

Paypalでのクレジットカード決済中に発生した不具合についてはPaypalにご連絡下さい。

詳細はこちらです。

IJCEEグループ組織・事業のご案内_210108.pdf
PDFファイル 2.0 MB