NPO日本文化体験交流塾自主活動支援要綱

IJCEE自主研究会・サークルの実施要項.doc
Microsoftワード文書 31.5 KB
研究会・サークル申請用紙.docx
Microsoftワード文書 13.0 KB

申請のあったサークル

神社愛好研究会の募集.docx
Microsoftワード文書 377.1 KB
自主研究会(結びの会).docx
Microsoftワード文書 14.7 KB
自主研究会(日本酒の会).docx
Microsoftワード文書 15.2 KB

実施要領

 

 日本文化体験交流塾の会員相互の交流を深め、日本文化の継承・発展・創造及び、日本の自然、美、精神など新しい魅力の発見、国際交流事業の向上、その他の活動を支援するために、本要綱を策定します。 

1 趣旨

  本要綱に基づく、研究会・サークル等は、会員相互の自主的な活動を基本とし、当交流塾の事務局は、第3条を除き、支援しません。

 

2 活動事例

 ・語学別部会

 ・ワイン・日本酒研究会、山歩きの会、写真撮影会、健康づくりの会、琴、三味線、華道、手芸等の研究会・サークル活動

  ただし、当交流塾の主催する研修事業と競合しないものとして、理事長が承認したものに限る。

  

3 支援事項

 (1) 情報支援

 設立の提案、会議の開催、イベント等で、当交流塾の会員に伝えたい事項について、会員メールによる宣伝・広報をおこなう。

 ただし、広報する内容について、理事長の承認を得たものに限ります。

  

(2) 会場支援

  小石川の本部会議室において、体験・研修等の事業を行わない空き教室をお貸します。適宜、コーヒー、紅茶等の飲み物、少数の部数であれば、コピーサービスも、無料で利用できます。

 ・月曜日 全日

 ・平日 18時~21

  

(3) 交流会支援

 ・年度ごとに、お茶菓子代として、出席者あたり300円を支援します。

  

4 設立の手続き

 (1) 発案者は、別紙様式により、理事長あて、申請してください。

 (2) 事務局による承認が必要です。

 (3) 会員メールによる参加者を募集します。

 

 参加希望者は、氏名、メールアドレス、携帯電話を記載して、発案者又は呼びかけ人に申し込みます。当交流塾の事務局は、受付を行いません。

 

(4) 1回ミーティングにより、会則・メンバー等決めて、活動を開始します。

 

(5) 研究会・イベント等について、日本文化体験交流塾の会員メールにより、他の会員等に適宜、周知します。

 

 

 

5 運用

 

(1) 本要綱は、20161月から実施する。

 

(2)  事業年度は、11日~1231日とする。

 

(3)  非会員が、当交流塾の教室等の施設等を利用するときは、別途、使用料を徴収する。(1500円程度)

 

 

 

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

新事務所について

IJCEEは4月22日より、機械振興会館に事務所を移転致しました。

アクセス・詳細はこちら

研修/講座の風景

外国語による日本文化体験・観光ガイド

True Japan School

ガイド/日本文化研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-6432-0192(本部)

        06-6575-9441(関西)

 FAX:03-6432-0042
◆火曜日~土曜日 9:00~17:00

月曜日が祝日の場合は、

翌日火曜日がお休みとなります。

アクセス