NPO日本文化体験交流塾理事長 True Japan Tour CEO 米原亮三

法人設立の理念

 洋食では、何本ものスプーン、フォーク、ナイフを使いますが、日本では箸一本で、細かい物まで食べられます。
 千年以上の建築物が残る欧州に比べ、東京の歴史的建築物は多くありません。 しかし、木と紙を基調とした日本文化は、人々の巧みな技術や生活の仕方のなかに残っています。 
 寝室、居間、台所など目的別の部屋に比べ、日本では、机やふとんを置くことで、1室で多目的に利用できます。 芝居、武道、浮世絵などの技術は、演劇、スポーツ、アニメなど形を変えて、現代に引き継がれています。
 先祖、太陽、風、雷、動物と多くの神々を敬う心は、人々や自然との共生の思想です。 地球規模で、環境との調和が必要な今こそ、日本文化の継承・発展・創造が必要だと考えます。

プロフィール

NPO日本文化体験交流塾理事長。True Japan Tour 株式会社代表取締役社長

観光庁「通訳案内士研修高度化に関する検討会」委員、江東区観光協会設立検討会委員。

・東京大学理科Ⅰ類在籍中、文科Ⅱ類合格。東京大学経済学部卒業後、都知事秘書、自治体国際化協会ニューヨーク事務所次長、㈱東京ビッグサイト総務部長、東京都観光部部長等歴任。

・全国の観光まちづくりの調査・講演等や宗教解説、文化解説等の講義実績。

・経済、政治、立法、行政、観光は、実務・学会ともに精通している。また、理系の経験を生かし、IT活用に積極的に取り組んでいる。

・日本百名山のうち99山登頂、全都道府県を訪問するなど、地理・地学・気象に詳しい。

著書・論文

著書・論文:「ネットワーク時代の地球市民の生き方」(中央経済社)、「東京都 多様性に満ちた市民社会」 (駒井洋、渡戸一郎編「自治体の外国人政策」明石書店所収)、米国コネチカット州グリニッチ・タウンの地方自治」(都市問題86巻87巻1号)、「大都市における観光まちづくりの理論的な考察」(日本国際観光学会論文Vol.14)、「観光キーワード事典」(松陰大学観光文化研究センター編)、「国際観光ガイドの基礎知識」編著、「口述試験ハンドブック」続 通訳案内士口述試験 予想問題と攻略法」、「通訳案内士口述試験 予想問題と攻略法(2013年)」「通訳案内士口述試験 予想問題と攻略法(2014年)」「通訳案内士口述試験 予想問題と攻略法(2015年)」Japanese Culture Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ(以上、NPO日本文化体験交流塾)、

報道・シンポジウムでの講演等

◆国際観光フォーラム2014「訪日旅行シンポジウム」(主催 日本政府観光局、JATA)おいて、パネラーとして、発言しました

JATA訪日旅行シンポ1409.pdf
PDFファイル 2.8 MB

◆講演 

 新潟県、熊本県、埼玉市、大田区、岐阜県等多数

 2013年 年頭のあいさつ 「照顧脚下を忘れずに」で昨年の実績と今年の展望を報告

◆商工ジャーナル、地方議会等に取材されました。

日経ビジネスオンライン_140906.pdf
PDFファイル 461.6 KB
米原亮三紹介記事.pdf
PDFファイル 5.1 MB

新事務所について

申込方法IJCEEは4月22日より、機械振興会館に事務所を移転致しました。

アクセス・詳細はこちら

大阪事務所について

IJCEE関西支部では、5月15日より大阪市北堀江の四ツ橋・心斎橋駅そばで営業を開始しました。

アクセス・詳細はこちら

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

研修/講座の風景

外国語による日本文化体験・観光ガイド

会場

True Japan School

ガイド/日本文化研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-6432-0192(本部)

        06-6575-9441(関西)

 FAX:03-6432-0042
◆月曜日~金曜日 9:00~17:00

土曜日に研修が開催される場合はこの限りではありません。

アクセス