日本刀鑑定士 本阿弥光次先生の刀剣学習会

概要

刀の鑑定にまつわり、現在、日本で使われている言葉は多くあります。

例えば、刀を鑑定し、証紙に証明を発行する「証紙証明」がのちに「正真正銘」という言葉になりました。この証紙は折りたたんであり、「折り紙つき」は、刀の鑑定書付きという言葉から生まれました。

この折り紙の裏に豊臣秀吉からいただいた判子があります。これを「太閤判」と言い、この太閤判を今も所有しているのが、今回の講師である本阿弥光次氏です。

今回の学習会は、2009年に鎌倉で実施されて以来、9年ぶりに本部で復活します。当日は真剣をご覧いただく機会もあります。刀が海外でも注目を浴びている今、日本人として「刀」を理解し、知識を深めてみませんか。以下の写真は、前回のものです。

日程・定員

日程:8月30日(木)13:30~15:30 

定員:60名

受講料

会員 3,800円 一般 4,500円

会場

機械振興会館

住所:〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8

本館地下3階 研修-1(アクセス)  

(8月21日変更)



お申込み方法

下の『カートに追加』で受講券をお求めください。右上にカートの内容が掲載されますので手続を進めてください。
決済はクレジットカードまたは銀行振込をお選びいただけます。銀行振り込みをお望みの方は、受講券確保後、下記の口座にお振込みください。

みずほ銀行 丸の内中央支店(004) 普通預金 1131101
トクヒ)ニホンブンカタイケンコウリュウジュク 

注文完了メール確認のお願い

ウェブ上でお申込みが完了しましたら、注文完了メールが必ず届きます。注文完了メールは受講完了日まで大切に保管してください。メールが届いていない場合は、お申込みが適正に完了できていない可能性がございますので、事務局(03-6432-0192)までご連絡ください。 

お申込み方法・カート

刀剣鑑定士の刀剣学習会

一般の方は、info@ijcee.com までお問い合わせください。

¥3,800
カートに追加

講師紹介 本阿弥 光次(ほんあみ こうじ)(日本刀鑑定士・砥ぎ師)

日本刀の「鑑定」は室町時代末期頃の豊臣秀吉に仕えた本阿弥光徳の鑑識から始まったとも言われる。本阿弥家は時の将軍家や大名家に仕え、江戸時代には、幕府が認める「折り紙」を発行していました。その長い間に培われた刀工の銘ぶりや作風の特徴が集大成され、鑑定の見所となっています。本阿弥光次氏は、本阿弥家のご当主で、現役の鑑定士です。また、刀の砥ぎ師でもいらっしゃいます。

鎌倉居合道協会会長、範士九段、鶴岡八幡宮の奉納居合でも、会を代表して技を披露されています。

※「折り紙付き」という言葉は、こちらから生まれました。また、京都の光悦寺で知られ、美術工芸面に金字塔をたてた本阿弥光悦は、分家に当たります。

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

 グループFacebook


IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ

<関東>

TEL: 03-6432-0192

FAX: 03-6432-0042

Email: info@ijcee.com

 ◆関東本部 アクセス

 <関西>

TEL: 06-6575-9441

FAX: 06-6575-9443

Email: kansai@ijcee.com

◆関西支部 アクセス

 

受付時間:

月曜日~金曜日 8:00~17:00

※土日祝に研修が開催される場合はこの限りではありません。

Paypal決済時の不具合について

Paypalでのクレジットカード決済中に発生した不具合についてはPaypalにご連絡下さい。

詳細はこちらです。