TJTにおけるガイドアサインの仕組み・ルールについて

仕事の受注に至るまでのプロセス

TJTでは、お客様により、①~⑤の手順により、予約を確定します。

① TJTのHPからの予約

 この時点で、予約が確定します

② ベルトラ等他のHPからの予約

 事前に契約した団体と手続きにより、予約が確定します。

③ 国内の旅行会社からの予約

④ 海外の旅行会社からの予約

 やり取りは、英語のみ。このTJTの役割をランドオペレータと言います。

 上記、②~④のケースには、コミッションを支払う必要があります。

⑤ 個人からの依頼

 メールによる問い合わせに対応します。

 ③~⑤については、数回から10回を超えるやり取りを経て、予約が確定します。 

体験講師・ガイドの募集とアサインの仕組み

IJCEE専門研修一覧.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB

① アサイン丸に登録

 IJCEE会員は、TJTとNECが共同開発したアサイン丸に、ガイド資格の有無、プレゼンテーション能力や通訳の評価、日本文化講師の資格、専門研修の受講の有無等を登録します。

  ② IJCEE会員への募集

 アサイン丸のシステムでガイド等を募集します。
 ③ 応募者について、誰をアサインするか、アサイン会議をTJT社員で開催します。

 このアサイン会議の基礎資料となる表は、縦軸に対象となる体験・ガイド事業名、横軸に応募者全員の氏名を記載します。応募者のこれまでのアサイン履歴、研修の有無等は、アサイン丸のデータから作ります。アサイン件数が多いときは、表の大きさは、畳一畳分にもなります。

 このようにして、アサインにあたっては、適材適所に配慮しつつ、新人が活躍できるように、配慮します。

 また、経験が少ない者について、無給のインターンとして、ガイド現場に立ち会うことにより、本アサインへの道を開きます。

④アサイン結果を通知します。

 アサインされなかった者については、連絡は、しません。
⑤ ガイドの氏名等の詳細をメールで旅行会社やお客様に通知します。 

通訳ガイド団体支援システムについて161216.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 188.1 KB

体験又はガイドの実施と報告

①旅行会社から、実施にあたっての詳細情報がガイドに提供されます。

②体験又はガイドの実施

③実施後、ガイドは、報告書をTJTに提出します。

④旅行会社に対し、請求書を発行します。入金が確認できたものから、消込をします。

⑤翌月の末日までに、体験講師やガイドに対し、謝金・交通費等をお支払いします。

 以下に、アサインにかかる内容を例示します。

アサイン通知の例.docx
Microsoftワード文書 17.8 KB

仕事を維持するための経費

 TJTとして、IJCEE会員に仕事を提供していくためには、以下の経費が必要です。

①体験会場・事務室としての家賃等使用料

②新規顧客獲得のための営業経費

③旅行会社等に支払うコミッション

④ホームページの作成、維持のための経費

⑤アサイン丸の利用料(月額会員1人あたり250円)

⑥寿司、茶道、着物等の材料費・購入費

⑦仕事の受注から、アサイン、清算までの手配に要する経費(人件費)

 1案件につき、仕事の受注から入金の確認まで、一連の手続きは、5~20回くらいのさまざまな事務が発生します。きわめて、労働集約的でかつ、間違いの許されない作業です。

 TJTの売上高に対する粗利率は、20%~40%にすぎません。FITのように、個人案件であればあるほど、費用対利益は、マイナスとなります。団体の大口案件でないとプラスになりません。

 このような条件でも、TJTが、FIT・個人案件に取り組んでいるのは、IJCEEの子会社として、会員の仕事の開発のための会社であるからです。

有料職業紹介・人材派遣

 TJTが自主事業として、実施するほかに、他の旅行会社が実施する事業に、ガイド派遣する場合があります。

 TJTでは、こうした事業を適法に実施するために、以下の許可証を厚生労働省から得ています。これにより、短期のガイド派遣のみならず、国際会議事務局や、オリンピック事務局など、中長期で必要とされる人材の派遣を行うことが可能になりました。

有料職業紹介事業許可証.PDF
Adobe Acrobat ドキュメント 2.4 MB
労働者派遣事業許可証.jpg
JPEG イメージ 2.0 MB

なぜ、職業紹介に関する同意書が必要か?

 TJTでは、このように、非常に手間のかかるプロセスを経て、ガイドをアサインします。 しかし、2012年~14年にかけて、予期せぬ事態が発生しました。

 A社、B社、C社等に適材適所でアサインしたガイドに、次回からは、TJTを通さずに、各社が直接アサインするようになったのです。

 本来、人材の発掘は、各社の責任と努力で行うものと考えます。ガイド募集、試験、面接、キャリアの把握等の事務を経て、専属のガイドを養うものです。

 こうした事務を行わず、当社が選りすぐったガイドを次回から、当社を通さずに、直接アサインしたのです。その結果、当社として、新しく育つべき新人通訳案内士のデビュー機会がなくなってきました。

 以上のような状況から、当社において、派遣・職業紹介に関する同意書を聴取することとしたのであります。

 とはいえ、本同意書は、無条件にガイドさんを拘束することが目的ではなく、以下の通り、例外規定を設けました。

①TJTからの派遣・職業紹介に先駆けて斡旋先からの仕事を行ったことがある場合

②TJTより事前の承諾を得た場合

③当該斡旋先における業務開始日から3年を経過した場合

 ②については、弾力的に運用しますので、ご希望の場合は、お気軽にスタッフまでご相談ください。初めてのケースについては、理事長以下が相談に応じます。

派遣・職業紹介に関する同意書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 99.0 KB

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

外国語による日本文化体験・観光ガイド

True Japan School

国内旅程管理研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-3868-3260(本部)

        080-5646-1100(関西)

 FAX:03-3830-0452
◆火曜日~土曜日 9:00~17:00

月曜日が祝日の場合は、

翌日火曜日がお休みとなります。

アクセス