盆栽研修会 Bonsai Village in Omiya

2015年7月4日(土)10時00分~13時15分

盆栽・BONSAIは今や日本だけでなく広く世界で親しまれるようになってきています。盆栽への関心が高まっている中、2017年には大宮で「世界盆栽大会」が開催されます。大宮は盆栽の町であり、外国人にはBonsai Villageとして知られ、盆栽ファンが訪れます。

盆栽美術館では学芸員から盆栽について学び、盆栽村では老舗のひとつ、清香園を訪れて、お話を伺います。

さいたま市在住の通訳案内士・岡崎州子さんがご案内をしてくださいます。

「大宮・盆栽町」1923年の関東大震災で被災した千駄木の団子坂の盆栽業者たちが東京壊滅を機に、都心を離れて盆栽栽培に適した広く、清涼な水・空気のある土地を探し求めてたどり着いた地です。もともと草深い山林地帯であった大宮町大砂土村を買い上げ、近い将来自動車が普及することを考えて、広い区画道路を碁盤の目に整備し、道の両側にはさくら・もみじ・かえで・けやきなどの木々が植えられました。当時何もない場所に民間人が一から作り上げた珍しい町です。静かな、凛とした雰囲気があります。

盆栽美術館で学芸員に学ぶ

 盆栽の歴史・鑑賞の仕方を学びます。

 講師:さいたま市盆栽美術館学芸員 田口文哉氏
  大宮盆栽美術館は、世界初の公立盆栽美術館です。旧高木盆栽美術館のコレクションを核とした盆栽の名品、優品をはじめ、盆器や鑑賞石、盆栽が画面に登場する浮世絵などの絵画作品、それに、盆栽に関わる各種の歴史・民俗資料等を系統的に収集し公開しています。田口氏は盆栽はもとより、浮世絵からとらえた盆栽などにも精通していらっしゃいます。

 

http://www.bonsai-art-museum.jp/

老舗の清香園でスタッフからお話を伺います。

盆栽園の一つ 江戸嘉永年間創業の老舗・清香園さんにお邪魔してお店の方からお話を伺います。NHKでも取り上げられたり、盆栽づくり体験なども行っています。

http://www.seikouen.cc/

スケジュール

10:00JR土呂駅前集合 時間厳守! 定員30名 満席
10:15~12:15 盆栽美術館  (資料配布) 学芸員に学ぶ
12:30~13:15 清香園のスタッフに盆栽についてお話を伺う。
13:15    ランチ(各自持参 休憩所「四季の家」がお勧め) 
       その後は、個々にあるいは小グループで各盆栽園

       の盆栽を鑑賞する。

 

*基本的に盆栽の写真撮影は不可。撮りたい場合は訪ねた盆栽園でご確認ください。大きいバックパックを背負うようなのは不可。盆栽にぶつからないようご配慮ください。

 

 

申し込み・料金

7月4日盆栽研修受講券

IJCEE会員 2,800円    非会員  3,500円 

以下のカートの追加に入力し、受講券をお求めください。右上にカートの内容が掲載されますので手続を進めてください。

ペイパル口座をお持ちでない方は、下方をクリックして、クレジットカードにより、ご入力ください。

 銀行振り込みをお望みの方は、以下のアドレスまで、ご連絡のうえ、以下にお振込みください。info@ijcee.com

楽天銀行サンバ支店普通預金口座番号7039937 トクヒ)ニホンブンカタイケンコウリュウジュク

¥2,800
カートに追加
  • 在庫切れ

コーデイネータ・案内人

岡崎州子(くにこ)氏 NPO日本文化体験交流塾会員 英語通訳案内士 さいたま市在住

連絡先 090-5306-1604

新事務所について

IJCEEは4月22日より、機械振興会館に事務所を移転致しました。

アクセス・詳細はこちら

大阪事務所について

IJCEE関西支部では、5月15日より大阪市北堀江の四ツ橋・心斎橋駅そばで営業を開始しました。

アクセス・詳細はこちら

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

研修/講座の風景

外国語による日本文化体験・観光ガイド

True Japan School

ガイド/日本文化研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-6432-0192(本部)

        06-6575-9441(関西)

 FAX:03-6432-0042
◆月曜日~金曜日 9:00~17:00

土曜日に研修が開催される場合はこの限りではありません。

アクセス