6: 関東 箱根バス研修

日時と集合

2017年  8:30~19:00

8時30分、日本文化体験交流塾本部・機械振興会館に集合

コース

一括受講の方の日程 1回毎受講の方の日程
Eコース 6月17日(土) or 6月18日(日)のいずれか 6月17日(土)
Fコース 6月14日(水)のみ

 

※一括受講の方の乗車日の振分けは事務局で行います。

研修のポイント

寄せ木細工・浜松屋又は大涌谷

 JTBが運営するサンライズツアーのうち、最も人気が高いのが、富士山と箱根のツアーです。当交流塾の所属の多くの通訳案内士がこの仕事を行っています。(実演があります)

 神社仏閣が中心の京都・奈良観光と違って、富士山と箱根ツアーの最大の難しさは、雨や曇りなどの天候です。天候が悪いと、富士山はもとより、何も景色が見えない時があり、大涌谷も歩けません。

 どんな天候でも、お客様を楽しませるガイド技術が求められます。

 大涌谷の噴火情報に注意して、訪問地を決定します。

海賊船

 新人研修では、海賊船に乗ります。

 晴れていれば、芦ノ湖からの富士山が美しく、特に3月中旬は、最も雪が多く、美しい姿を見せます。

 ただ、天候が悪いと、海賊船が欠航する場合もあります。出航・欠航の決定が直前まで不明なこともあり、その柔軟な対応も通訳ガイドの重要な仕事です。

解散

 19時00分、日本文化体験交流塾本部・機械振興会館解散

※土日は到着時間が遅れる可能性があります。
※道路事情や噴火の状況により、行程が変わる可能性があります。

成川美術館・元箱根/桃源台

 研修では、元箱根や桃源台の港を確認した後、海賊船で芦ノ湖をわたります。ただ、この船が欠航するときも多いのです。

 この為、是非、研修しておかなくてはならないのが成川美術館です。

 成川美術館は、現代日本画を中心にそのコレクションは4000点を超え、いまも増えつづけています。文化勲章受章画家・山本丘人の代表作150点余りを核に、平山郁夫作の作品を40点余(素描を含む)を所蔵し、堀文子、岡信孝、牧進、関口雄揮、吉田善彦、毛利武彦、平岩洋彦、岡崎忠雄、小林済、前本利彦、牛尾武、柳沢正人らの作品数は、日本一を誇ります。

 これらの日本画は、定期的に変更になりますが、西洋画にない日本美術が多くの外国人を驚かし、感動させます。(館長から説明があります)

 和絵具を含め、日本画の特性を理解することも、通訳ガイドの必須の課題です。

彫刻の森美術館

 彫刻の森美術館は、7万平方メートルの広大な敷地のなかに、近・現代美術の巨匠である、ピカソ、ロダン、ブルーデル、ミロ、ムーアなどの作品が展示され、箱根の中でも、きわめて人気の高い施設です。今回は、学芸員の解説をいただき、より理解を深めます。

(学芸員より、30分程度のレクチャーあり)


6月の箱根研修コースについて

・大涌谷ロープウェイの定期点検整備工事に伴う運休により、大涌谷~桃源台間はバスで移動します。(各ロープウェイ駅は実地で確認いたします)

・同事由により、Eコース(休日)とFコース(平日)の訪問順に違いがあります。ただし、訪れる施設や内容は同じです。

◆Eコース:彫刻の森美術館→大涌谷→(昼食)桃源台~海賊船~元箱根→成川美術館→寄せ木細工

◆Fコース:寄せ木細工→成川美術館(昼食)→元箱根~海賊船~桃源台→大涌谷→彫刻の森美術館

成川美術館での昼食 定員:25名

※6月14日のみの昼食予約券となります。ご注意ください。

箱根研修では、箱根成川美術館で昼食を予約します。希望者は、以下のカートからお申し込みください。なお、数に限りがある為、先着25名までとさせていただきます。

芦ノ湖と富士山によるパノラマが広がるカフェでの昼食をお楽しみください。

◆昼食代:1,100円(税込)

箱根 6月14日 成川美術館・昼食予約

※銀行振込をお選びの方は以下の口座にお振込みください。

 

みずほ銀行 丸の内中央支店(004) 普通預金 1131101
トクヒ)ニホンブンカタイケンコウリュウジュク

新事務所について

IJCEEは4月22日より、機械振興会館に事務所を移転致しました。

アクセス・詳細はこちら

大阪事務所について

IJCEE関西支部では、5月15日より大阪市北堀江の四ツ橋・心斎橋駅そばで営業を開始しました。

アクセス・詳細はこちら

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

研修/講座の風景

外国語による日本文化体験・観光ガイド

True Japan School

ガイド/日本文化研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-6432-0192(本部)

        06-6575-9441(関西)

 FAX:03-6432-0042
◆月曜日~金曜日 9:00~17:00

土曜日に研修が開催される場合はこの限りではありません。

アクセス