2013年通訳案内士1次試験英語問題へのIJCEE講師のコメント

2013年度英語筆記試験について

 IJCEE8回の模擬試験をこなしてきた生徒さんは、おそらく本試験を見て「え!?」とびっくりされたことでしょう。なぜなら、本試験問題2の文章は今年のIJCEE8回目模試と同じ出典、まったく同じ所の文章だったからです。また、日本事象の「風呂敷」も第5回模試で出題しています。大きなところが2つ「ビンゴ!」でしたので、ここが全部正解なら+25点のアドバンテージ。語句も半分くらい当たりました。講師としては、この「ビンゴ!」が皆さんの得点に必ずや反映されていると信じています(^o^)

 さて、今回の新しい筆記試験ですが、大きな変化としては、何と言っても語句英訳も選択式になったことでしょう。従前と較べ、ひとりひとりの差がつきにくくなったとも言えますが、逆にここをしっかり満点を取らないといけない、とも言えます。

 マークシート方式の他の部分は( )内に入れる語句の組み合わせ、同義語、語句整序を選ぶもので、従来と取り組み方はあまり変わりません。語句整序は2つ出題され、その内のひとつはIJCEEのレギュラー講座、通信添削講座、また夏季集中講座でも繰り返し警告していたように「強調の倒置」の形でした。かなりの難問ですが、ここは「ビンゴ!」の部分の文章ですのでIJCEE講座生は全員正解のはずです(^o^)

 長文に関して言えば、一番語数が多いもので約260語、あとの2つはそれぞれ90語足らずと約70語のように、大変短い文章になったのも今回の大きな特徴です。また、文章題の答の選択肢として、「下線部の訳として最も適切なものを選びなさい」「筆者は~には何が必要であると述べているか。最も適切なものを選びなさい」などとして、日本文①②③④から選ばせる方式も大きな変化です。ここも点数が取りやすい部分です。

 記述式のところは下線部分の英文和訳が2題のみになったのが大きな変化。従来は、長文の中に英文和訳する設問があったのですが、それがなくなりました。和文英訳は短めのものが2題、日本事象の英語説明が2題というのは変わりません。ここもIJCEE講座生は少なくとも「風呂敷」は完璧のはずです(^o^) ところで、生徒さんから「記述式の解答欄がとても狭くて困った」との意見が寄せられています。より簡潔に記述する工夫が求められているのでしょうか。来年度に向けて、講師の指導課題です。

 全体として見てみますと、文章題のボリュームがぐっと減りました。ですので、解答と見直しに従来よりも時間をたっぷり割り振れる試験になっています。マークシート方式で得点しやすくなっただけに、記述式の答え方が従来以上に合否を左右することになりそうです。

通訳案内士試験の実際の出題

IJCEEの第8回模擬テストの再掲

問題1 次の英文を読み、後の問いに答えなさい。(20点)

In Shinto, the concept of deity is found in aspects of nature, such as mountains, waterfalls, stones, and natural phenomena
like thunder and typhoons, as well as in the worship of (A). This belief system
is also found elsewhere in the world, (B) it is generally known as a form of
animism. (C) importance for Japan is the fact that Shinto contains no absolute
sense of values, such as “the words and rules of God” in the Judeo-Christian
tradition and this has enabled it to coexist with other value systems that have
entered Japan from the outside.

 In the sixth century, the Japanese
encountered a more sophisticated religion, Buddhism. With time, however, people
noticed that if they believed in Buddhism, the emperor system was denied, for
it was through original Shinto myths that the emperor’s family (D) its position
of the highest status in Japan. This presented a serious problem not only for
the (E) family but also for the Japanese political system at the time.

(1)In the seventh century, Prince Shotoku, who was a
nephew of Empress Suiko, occupied the regency and discovered a way of
permitting Buddhism and the emperor system to coexist, along with another
belief system from China, Confucianism.
He stated that “Shinto is the trunk, Buddhism is the
branches, and Confucianism is the leaves”. By following this approach, the
Japanese were able to accept these new religions and philosophies, and the
cultural values and advanced techniques that came with them, in (F) a way that
they were able to (G) their theoretical contradictions. (H) short, with the
acceptance of the coexistence of Shinto and Buddhism, serious religious
oppositions disappeared, a feature that was to have a great effect on the
Japanese mentality in the coming centuries. Not
(2)(the Japanese, accept, only, from, were, to, culture, able ) other countries (I) any religious prejudices, but
they also developed the habit of (J) only the most useful borrowings from other
nations.

 

1-1 空欄 (A)~(J) に入れるのに最も適切な語を下記の語群の中から選び、記号で答えなさい。同じ語を2度用いることはありません。なお、大文字の場合も小文字で表示してあります。(10点)                            

a. represent         b. in             c. adapting           d. which

e. with               f. repealed       g. on                 h. descendants

i. maintained         j. loyal            k. where               l. so

m. reconcile         n. of               o. such               p. adopting

q. ancestors         r. without         s. unless              t. royal

 

(A)         (B)           (C)           (D)         (E)          

 

(F)         (G)         (H)           (I)           (J)          

 

1-2 下線部(1)を日本語に訳しなさい。(7点)

 

1-3 下線部(2)の語を適当に並べ換えた時、2番目、4番目、6番目にくる語の記号を書きなさい。
2番目        4番目        6番目

2013年度通訳案内士試験英語問題
2013年英語.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.0 MB

新事務所について

IJCEEは4月22日より、機械振興会館に事務所を移転致しました。

アクセス・詳細はこちら

大阪事務所について

IJCEE関西支部では、5月15日より大阪市北堀江の四ツ橋・心斎橋駅そばで営業を開始しました。

アクセス・詳細はこちら

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

研修/講座の風景

外国語による日本文化体験・観光ガイド

True Japan School

ガイド/日本文化研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-6432-0192(本部)

        06-6575-9441(関西)

 FAX:03-6432-0042
◆月曜日~金曜日 9:00~17:00

土曜日に研修が開催される場合はこの限りではありません。

アクセス