通訳案内士試験対策・TOEIC・通訳技術は、TJTの教育部門である

True Japan School に移管されました。引き続き、ご利用ください。

試験全体について

(1)目的
・試験の目的は、「通訳案内士として必要な知識及び能力を有するかどうかを判定する
こと」(通訳案内士法第5条)であり、出題方針も、通訳案内の実務に沿った内容、
レベルの問題を出題することとする。

(2)試験方法
・受験資格は、不問とする。
・試験科目は、筆記(第1次)試験については外国語、日本地理、日本歴史並びに産業、
経済、政治及び文化に関する一般常識(以下単に「一般常識」という。)とし、口述(第
2次)試験については通訳案内の実務とする。
・外国語についての筆記試験(以下「外国語筆記試験」という。)は、通訳案内士の業務
を適切に行うために必要な読解力、日本文化等についての説明力、語彙い力等の総合的
な外国語の能力を問うものとする。
・日本地理、日本歴史及び一般常識についての筆記試験(以下「日本地理等筆記試験」
という。)は、日本の地理、歴史並びに産業、経済、政治及び文化についての主要な事
柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについ
ての知識を問うものとする。
・口述試験は、総合的な外国語の能力並びに日本地理、日本歴史及び一般常識に係る正
確な知識を活用して行われる、通訳案内の現場で必要とされるコミュニケーションを
図るための実践的な能力について判定するものとする。
・口述試験は、日本の地理、歴史並びに産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄のうち外国人観光旅客の関心の強いものを題材として、受験者に通訳案内の業務を擬似的に行わせることにより実施するものとする。

(3)試験委員 …(省略 )

(4)合否判定
・筆記試験の合否判定については、科目ごとに合格基準点を設定し、すべての科目につ
いて合格基準点に達しているか否かを判定することにより行う。受験者には筆記試験
の合否のほか、科目ごとに合格基準点に達したか否かを通知する。
・筆記試験の各科目については、本ガイドラインに従い、科目ごとに目標とする平均点
を設定して問題作成を行い、あらかじめ合格基準点を設定しておき、当該合格基準点
に達しているか否かを判定することにより行う。
・実際の平均点が、目標とする平均点から著しく乖離した科目については、当該科目の
試験委員と試験実施事務局から構成される検討会を開催する。その結果、必要がある
と判断された場合には、合格基準の事後的な調整を行う。この調整は、平均点の乖離
度及び得点分布を考慮して行う。
・口述試験の合否判定については、本ガイドラインに従い、あらかじめ評価項目ごとに
具体的な評価基準を設定した上で、合格基準点(原則として6割)に達しているか否
かを判定することにより行う。

通訳案内士試験ガイドライン2014年4月改正.docx
Microsoft Word 17.4 KB

(5)試験免除について

通訳案内士試験には試験免除の制度があります。

新事務所について

申込方法IJCEEは4月22日より、機械振興会館に事務所を移転致しました。

アクセス・詳細はこちら

大阪事務所について

IJCEE関西支部では、5月15日より大阪市北堀江の四ツ橋・心斎橋駅そばで営業を開始しました。

アクセス・詳細はこちら

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

研修/講座の風景

外国語による日本文化体験・観光ガイド

会場

True Japan School

ガイド/日本文化研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-6432-0192(本部)

        06-6575-9441(関西)

 FAX:03-6432-0042
◆月曜日~金曜日 9:00~17:00

土曜日に研修が開催される場合はこの限りではありません。

アクセス