2014年12月7日実施 通訳案内士2次試験 受験者の声(原文ママ)

A.Kさん 男性 70代 14:00~14:10

受付時間:13:30

試験時間:14:00〜14:10
解散時間:15:30

試験の様子の再現(面接官の構成、試験官の性別、推定年齢、国籍など)

30歳後半~40歳前半の白人男性 アクセントは余りなかったが、分り易い(聞き慣れた)英語だったのでアメリカ人と推定。メガネは掛けておらず、足を組んでいた。
もう一人の日本人女性の助手は痩せぎすの40-50歳台だと思いました。

通訳問題の再現(白川郷について)

岐阜県の豪雪地帯にあるShirakawa Village とした。豪雪のため屋根はsteep になっている、等々(茅葺屋根である事を言い忘れた)。
・「攻略法2」p.44の「白川郷」とは大分違った文章だったと覚えています。
・通訳というよりは、プレゼンとしてやってしまったかもしれないと反省中。

2分間のプレゼンテーションの再現(鎖国、日本三景、日本最大の木造建築物)

日本最大の木造建築は、奈良の東大寺にある「大仏殿」である。6世紀に仏教が中国から日本にもたらされたが、神道が既にあったが天皇を始め多くの人が信仰し神道・仏教は共存した。天皇の命で高さ15m位の大仏を鋳造した。この大仏をaccommodate (houseというべきであったか?) するために大きな木造建築を作った。これまでに2, 3度焼失しており現在の建物は3~4百年前に再建されたものである。

質疑応答の再現

1.火事で焼失したというが、それはなぜか? ・・・主に封建領主間及び仏教宗派(セクト)間の対立によるfightingのためである。
2.大仏殿のほかには大きな木造建築物は無いか?・・・大きなものは神社仏閣等の宗教上の建物である。
3.それらはどこにあるか?・・・主に京都と奈良である
4.そのほかに大きな木造建築は無いか?・・・ないと思う。

感想

1.面接が終わって別室に入ってから、「木造建築のもっと大きいのは姫路城のような城があるで

  はないか」とやっと気が付きました。試験官が「他にはないのか」と聞き返したのは、

  この点を思い出させようとしたのではないかと思いました。全く失敗でした。
2. 面接室に入るまで廊下で座って待っていたので、気が落ち着き、入室後も落ち着いて対応でき

  たと思いましたが、後からゆっくり考えると、矢張りnervousになっていたのだと思いました。
3. 試験対策としては、どんな問題が出るのか全く分からないので、プレゼンは問題を選んだら

   ポイントを2、3つ決め、これを自分なりに話すように練習しましたが、うまく行きませんで

       した。自宅で声を出して何回も練習しておけば良かったと後悔しています。
4.  試験会場で受付時に(約350人位いたと推定)確か38組(1組10名ずつ)グループ分けされま

        した。私は、31-3でした。廊下で座った椅子2つに31-2, 31-3の番号が椅子の背に貼ってあ

        りましたので、31のグループは全員同じ面接官だったのではないかと思いました。

        尚、 入室・着席後、出身地・現住所を訊かれました

二次試験対策講座、口述試験攻略テキスト、についての感想

(口述試験攻略テキスト)

「続 通訳案内士口述試験予想問題と攻略法」(攻略法2)

プレゼンはポイントを2-3に絞って答えるように指導している点は良いと思う。殊に、DVDの通訳問題は練習・役に立った。


(二次試験対策講座)

・第3ステップ「模擬面接演習」

 面接演習を2回受講したので度胸が付き、少し落ち着いて受験出来た。

新事務所について

申込方法IJCEEは4月22日より、機械振興会館に事務所を移転致しました。

アクセス・詳細はこちら

大阪事務所について

IJCEE関西支部では、5月15日より大阪市北堀江の四ツ橋・心斎橋駅そばで営業を開始しました。

アクセス・詳細はこちら

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

研修/講座の風景

外国語による日本文化体験・観光ガイド

会場

True Japan School

ガイド/日本文化研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-6432-0192(本部)

        06-6575-9441(関西)

 FAX:03-6432-0042
◆月曜日~金曜日 9:00~17:00

土曜日に研修が開催される場合はこの限りではありません。

アクセス