着物講習全体/着付け/着せ付け(初)/着せ付け(中)/ 着物の名所ガイド/着付けブラッシュアップ/

男の着物講座‐1回完結 6月6日(火)

男性用着物、帯、羽織、袴を粋にいなせにカッコよく

 着物をびしっと着こなして、男の魅力を高めましょう。1回完結で着物の着方や着くずれの直し方、身のこなしを練習します。実習を通して男性用と女性用の着物の違いや、外国人のお客様が喜ぶ着物のうんちく話も学べます。

 

 この講座は男性が自分で着物を着こなすための着物講座です。なるべく自分の着物や帯をお持ちください。無い方には交流塾の備品をお貸しします。

 尚、レンタル希望の方はメールにてサイズ・身長をinfo@ijcee.comまで、ご連絡頂けますでしょうか。

(※本講座は男性のご受講を対象としております。)

研修内容

1. 着物と帯

 

2. 羽織と袴

 

3. 着物姿が映える所作

 

4. 着物うんちく講座

  男性用着物の歴史、男性用着物と女性用着物の違いなど

 

※当日は短パン・Tシャツ姿になれるようにおいでください。着物をこれからもきちんと着たいなら、襦袢はご自分のサイズのものがあった方が良いです。

男性用の襦袢をご希望の方は、こちらからご購入いただけます。

日時・受講料等

6月6日(火)  10時~12時

会員:3,400 円; 非会員:4,100円

※レンタル希望の方はメールにてサイズ・身長をinfo@ijcee.comまで、ご連絡ください。

定員:8名 (男性のみ)

会場 機械振興会館 B1

男の着物講座‐1回完結 6月6日
¥3,400
カートに追加
  • 在庫切れ

講師紹介 福山紫乃氏

◆講師 福山紫乃

日本文化体験交流塾会員。美容学校の講師だった明治生まれの祖母の影響から着物を当たり前のものとして育つ。本業の海外市場調査で各国の日本通ライターと知り合ううちに、日本のKimonoには世界中にディープなファンがいることを知る。そんな人たちとやり取りしながら、様々な知識や情報を蓄積し、七緒などの着物雑誌の記事のコーディネーションをしたり、ブログに英文の記事を書いたりしている。

訳書「アメリカの企業家が学ぶ世界最強のプレゼン術」他

 

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

新事務所について

IJCEEは4月22日より、機械振興会館に事務所を移転致しました。

アクセス・詳細はこちら

研修/講座の風景

外国語による日本文化体験・観光ガイド

True Japan School

ガイド/日本文化研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-3868-3260(本部)

        080-5646-1100(関西)

 FAX:03-3830-0452
◆火曜日~土曜日 9:00~17:00

月曜日が祝日の場合は、

翌日火曜日がお休みとなります。

アクセス