着物講習全体/着付け/着せ付け(初)/着せ付け(中)/ 着物の名所ガイド/着付けブラッシュアップ/

着付けブラッシュアップ講習☆6月13日(火)1回完結

もっときれいに着たい方、自己流の方 ☆帯や着物の美しい着方を思い出し、復習しましょう☆

 

もっときれいに着たい方、コーディネーションに悩む方

☆帯や着物の美しい着方を思い出し、

もっと着物美人になりましょう☆

 

 

◆1回完結で補正、長襦袢、着物、帯結び、着崩れの直し方まで通しで練習します。まったくの初心者ではなく、以前着付け教室に通った方、自己流で着ている方が対象です。

コーディネーションや着物の決まり後の悩みも、なんでもご相談ください。

 

◆どうにも衿が決まりにくい方は、補正から見直しましょう。

おはしょりや着丈を美しく整える方法も思い出しましょう。

帯結びは交流塾オリジナルの「帯唄♪」を歌いながら5分で結びましょう。

 

◆日本文化体験交流塾の着物の講師陣が考え抜いた「素早く切られて着崩れない着付け」です。

外国人のお客様に喜ばれる、前からはスッキリ見え、後姿はセクシーな、着物美人をめざしましょう!

日程・受講料

【日程】6月13日(火)10時~12時 定員8名

【受講料】 会員 3,500円 非会員 4,300円

会場

会場 機械振興会館 B1

講義内容

【講義内容】
・襟元が崩れがちな方に最適な、さらしを使った補正
・唄いながら覚える、5分で結べるかんたん帯結び
・着付けた後の整え方、着崩れた時の直し方
・サイズの合わない着物の着方
・季節に合わせた着物の選び方、着物のお手入れ
【準備するもの】
「着付けに必要なもの」:(カッコ内)のもので代用できます。
肌じゅばん(タンクトップ)・裾除け(ペチコート・ステテコ)・足袋・補正具(さらし5メートル)・長じゅばん(半じゅばん)・半衿・衿芯・伊達締め2本・紐2本・コーリンベルト1本(肩幅+10cmに調整)・着物
◎名古屋帯の場合
帯板・帯枕・帯あげ・帯締め・着物クリップ2つ(洗濯バサミ不可)・仮紐1本
◎袋帯の場合
名古屋帯の準備に加えて、仮紐もう1本

教室に持参するもの等・注意事項

受講する前に、必ずお読みください。

着付け講座事前準備.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 95.6 KB

受講料と申し込み

【申し込み方法】

以下のカートに追加して下さい。

ページ上部にカートの内容が掲載されますので手続を進めてください。   

 (1)Paypalでのお支払いをご希望の方

   カートに追加後、お支払方法でPaypalを選択してお手続きを進めて下さい。

 (2)クレジットカード払いをご希望の方(Paypal口座をお持ちでない方)

   お支払方法でPaypalを選択し、Paypal画面の下方をクリックして

   クレジットカードによりお支払下さい。   

 (3)銀行振り込みをご希望の方

    お支払方法で銀行振込を選択してお手続きを進めて下さい。

   最後に当交流塾の振込先(下記にも表示がございます)が画面に表示されますので、

   そちらの口座までご入金をお願い致します。

   ご入金が完了致しましたら、お手数ですが info@ijcee.com までご一報ください。

楽天銀行サンバ支店普通預金口座番号7039937  トクヒ)ニホンブンカタイケンコウリュウジュク

着物ブラッシュアップ講習 6月13日
¥3,500
カートに追加

着物着付けテキスト

着物着付け簡単ガイド・いつまでも忘れないために

送料(400円)が別途かかります。

 

¥2,800
カートに追加

 会員手作りの着付けテキストは、忙しい通訳案内士でも着物を着る手順を忘れないよう、カラー写真でひとコマひとコマ丁寧に解説。DVDでは南京玉すだれの替え歌で、結び方や締め方を歌いながら覚えられるようになっています。名古屋帯のお太鼓結びなら、約4分で完成できます。


別売りとなりますので、ご希望の方はお買い求め下さい。
【価格】 IJCEE 会員用  2,400円 一般用 3,000円   送料400円

着物業界紙でも取り上げられています!

季刊きもの 2014年春号.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.5 MB

 着物業界紙「季刊きもの」にも紹介されました。記者さんが教室を取材し、歌いながら締める帯結びの歌もご覧になって、面白いと記事にしてくださったものです。本講座受講者はもとより、以前学んだけれど自信がないという方にもお勧めです。


講師紹介

◆講師 福山紫乃

日 本文化体験交流塾会員。美容学校の講師だった明治生まれの祖母の影響から着物を当たり前のものとして育つ。本業の海外市場調査で各国の日本通ライターと知り合ううちに、日本のKimonoには世界中にディープなファンがいることを知る。そんな人たちとやり取りしながら、様々な知識や情報を蓄積し、七緒など の着物雑誌の記事のコーディネーションをしたり、ブログに英文の記事を書いたりしている。
訳書「アメリカの企業家が学ぶ世界最強のプレゼン術」他

 

◆講座運営 日本文化体験交流塾

 

通訳ガイド団体支援システム(アサイン丸)

使い方はこちらから

初回登録はこちらから

ログインはこちらから

新事務所について

IJCEEは4月22日より、機械振興会館に事務所を移転致しました。

アクセス・詳細はこちら

研修/講座の風景

外国語による日本文化体験・観光ガイド

True Japan School

ガイド/日本文化研修

IJCEEの活動を紹介

お問い合わせ・関連サイト

◆問い合わせ

アドレス:info@ijcee.com

 TEL:03-3868-3260(本部)

        080-5646-1100(関西)

 FAX:03-3830-0452
◆火曜日~土曜日 9:00~17:00

月曜日が祝日の場合は、

翌日火曜日がお休みとなります。

アクセス